S式画像保管庫
絵が巧くなりたい?ならば、描け!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイドルマスターSP
まこと01

今日は真がウェディングドレスのイメージモデルに起用されたので
ドレスの打ち合わせに来た。

用意されたものから、真に似合いそうなドレスは・・・と。



「プロデューサー!どれも素敵ですね!
 やっぱりウェディングドレスって、女の子の憧れですよ!
 コレも可愛いなぁ~ あ、アッチもお姫様みたいでいいなぁ~!」

真はにやついた顔でドレスを物色している。

真にはやっぱり…シンプルでタイトなドレスがいいんじゃないか?

「シンプルなのも清楚で素敵だとは思いますけど・・・
 ボクはやっぱり、フリルの沢山ついたやつとか着てみたいなぁv」

うーん…やっぱりか。
可愛い女の子らしいものに憧れの強い真だ。
やはりそういう路線でくることは予想がついた。

「…あ、プロデューサー?」

ん?何だ?

「プロデューサーだったら、自分の花嫁にどんなドレス着て欲しいですか?」

んーそうだなぁ。
俺は割と・・・こういうのとか好きかな?
シンプルだけど、花嫁ってやっぱりこう清いイメージの方が・・・。

「・・・へぇ、そういうのがいいんですね。
 じゃ、じゃあボク、それ着てみます!」

え?俺のセンスでいいのか?
・・・って早々とドレス掴んで更衣室へ行ってしまった。


「ど、どうですか・・・?プロデューサー?
 似合うかな・・・」

暫くして着替えた真が出てきた。

おお!凄く似合うじゃないか!
いいなぁ、やっぱりウェディングドレスって女の人が綺麗に見えるよな!

「ほ、本当ですか??
 えへへ・・・嬉しいな。」

うん、凄く可愛いぞ。
ちょっと真が結婚するときを想像しちゃったな。

「そうですね、いつかボクも結婚とかするのかなぁ・・・!
 あ、でもその時は・・・プロデューサーが隣に居てくれたらいいな・・・なんて。
 えへへ・・・。あ!いや!何でもないです!

 ・・・でもプロデューサー?ずっと傍にいてくださいね・・?」

ん?なんだ?
ああ、勿論ずっと傍についてるぞ。

「・・・はいっ」

そう言って真は恥ずかしげに微笑んだ。
その顔は誰よりも女の子らしく見えた。

心配しなくても、俺にはちゃんと、
真は女の子として見えているよ。


===============

てな感じで。

おひさしぶりです。
バイトでてんてこ舞ですが、合間をぬってアイマスSPやってます。
真とイチャついてます。
スポンサーサイト
コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。